サイトトップ  >  Topics!  >  創業に関するお役立ち情報

創業に関するお役立ち情報

創業者シェアオフィス福岡では、創業されたばかりの経営者様、もしくはこれから創業を考えている方に向けて、定期的にお役立ち情報を発信していきます。是非ご活用下さいませ!!
 
さて、第1回目のお役立ち情報としましては、当社の業務に関する用語と事務所を借りる際に必ず聞く用語の解説を行いたいと思います。当サイトはもちろん、それ以外の創業に関するサイトや資料等に頻繁に出てくる用語です。チェックしてみて下さい!

用語集

ビジネス・インキュベーション(BI)
産業創造のこと。
新しく仕事を興す意味なのですが、広義的に創業を意味することもあります。


ビジネス・インキュベータ(BI施設)
ビジネス・インキュベーションを行うための施設のことです。起業をなんとなく考えている方から起業して間もない方が抱える創業初期の様々な問題を解決していく施設です。人によって問題は様々ですが、事業計画書の作成支援などを始め、オフィスや開発施設の提供、電話受付の代行もその機能の中の一つです。
 

インキュベーション・マネージャー(IM)
BI施設において、起業者と一緒に問題を解決する人材のことです。


(社)日本ビジネス・インキュベーション協会(JBIA)
国内に作られた唯一のビジネス・インキュベーションに関する協会で、インキュベーション・マネージャー(IM)やビジネス・インキュベーション(BI)に関わる者の技量・地位の向上と定着化を促進している公益的な社会活動団体です。

<事業内容>
(1)IM人材養成及びBI機能向上のための人材育成研修の開催または協力
(2)IM人材及びBI施設の質向上のための認証・評価制度の整備ならびに実施
(3)IM等、BIに関わる人材募集支援、就業斡旋、情報提供
(4)IMが育成する事業初期段階の起業家への資金供給協力
(5)BIに関わるシンポジウム、セミナー、研究会等の開催または協力
(6)BIに関わる統計調査、公報、啓発
(7)国内外関連団体との連絡、交流、協同事業の実施
(8)BI運営に関わるコンサルティング及び調査
(9)BI推進に向けた国及び地方自治体への政策提言
(10)その他前条の目的を達成させるための事業およびその受託


敷金
一般的に「賃借人(入居者)が借りた家屋を明け渡すまでに生じた賃貸人(家主)に対する一切の債権を担保するものである」とされています。
つまり、「賃借人(入居者)に何かあったとき(滞納や損害賠償)のために預けておくお金」のことです。
通常、何事も無ければ、退去時に返還されますが、原状回復義務の範囲(費用負担)でトラブルになることも少なくありません。
契約時には、納得いくまで確認し、トラブルになった場合は専門家に相談しましょう。
※大阪・神戸では、「敷金・礼金」方式ではなく、「保証金・敷引」方式となりますので、注意が必要です。


礼金
不動産会社と賃貸契約を結んだ際に、賃借人(入居者)が賃貸人(家主)に対して支払う一回払いの料金のことです。
礼金は返還されることはなく、金額も地域によって差があります。


仲介手数料
不動産会社などの仲介会社を使って賃貸契約を結んだ際に、不動産会社に支払う報酬のことです。
仲介手数料は金額の上限が宅地建物取引業法で決められており、賃貸の媒介の場合、依頼者双方(入居者と家主)の合計が家賃の1ヶ月以内とされています。